no.130 2019.2.1更新

えほん

『 おどろいたりす』
イーラ‖写真 マーガレット ワイズ ブラウン‖文 戸澤 柊‖訳  文遊社

りすとねこの小さな世界。かれらは遊び回るのに大忙し。しかし、ある時、りすは大好きなねこを残して、冒険に出かけ…。著者2人のユニークな才能の出会いが作りだした、愛らしくたのしい写真絵本。

『 ゆきのよるに』
いもと ようこ‖文 絵  金の星社

ある村に、玄同先生というお医者さんがいた。寒い冬の晩、玄同先生が寝床についていると、若者が戸を叩き、お産で苦しむ女房を助けてほしいと必死に頼んできた。山奥にある若者の家でお産に立ち会うと…。

よみもの

『俳句ガール 』
堀 直子‖作 高橋 由季‖絵  小峰書店

小学4年生のつむぎは、おばあちゃんが通うケアハウスで俳句にであう。ある日の放課後、だれもいない教室の黒板に俳句を書き残すと、次の日…。俳句のたのしさを知った少女のハッピーな成長ものがたり。

『 火狩りの王』
日向 理恵子‖作 山田 章博‖絵 ほるぷ出版

人類最終戦争後の世界。人体発火病原体に侵された人々は、結界に守られた土地で細々と暮らしていた。この世界で唯一、人が安全に使用できる火を狩ることを生業とする火狩りたちの間で、あるうわさがささやかれ…。