no.111 2017.5.1更新

えほん

『いろはにほほほ』
かどの えいこ‖文 絵 アリエスブックス

いぬさんはおしゃれさん。ろうそくのおばさんロックンローラー。はがわらったははははは。にぼしのにいさんにんにくとにらめっこ-。「魔女の宅急便」の著者・角野栄子が作画まで手がけた初のことばあそび絵本。

『おうちのものなあに』
はた こうしろう‖さく え  ポプラ社

てんとうむしの魔法で小さくなったクーとマー。おうちのなかを探検したら、ぬいぐるみも歯ブラシも、違うものみたい! おうちにあるものの名前が楽しくおぼえられる絵本。

よみもの

『ねこまたのおばばと物の怪たち』
香月 日輪‖作 みもり‖絵  角川書店

小学5年生の舞子は、学校でいじめられている。ある日、イラズ神社にひとり行かされることに。鳥居をくぐると、そこはねこまたのおばばの世界だった! ゆかいな物の怪たちが、舞子をいじめられない子に変えていく。

『3つ数えて走りだせ』
エリック ペッサン‖著 あすなろ書房

ぼくたちは走る。大声で笑うように。ぼくたちは走る。くそったれな考えをふり払うように。これは、ぼくたちが生きのびるための物語-。13歳の少年たちの“ごきげんな逃走劇”を描いたフランスYA文学の傑作。