no.154 2021.3.1更新

えほん

『 すきなことにがてなこと 』
新井 洋行‖作 嶽 まいこ‖絵 くもん出版

ぼくは、スポーツが大好き。だけど、みんなの前で話すのは苦手。話すのが大好きなりんちゃんは、動物が苦手…。「すき」も「にがて」も、ありのままでいい。ちがいが輝く世界を描く絵本。

『おだんごねこさま 』
令丈 ヒロ子‖作 わたなべ あや‖絵  岩崎書店

としよりの猫と、食べられないままひからびたお花見だんご。このまま死ぬのはいやだと思っていたら、かみなりが直撃! ようかい「おだんごねこ」が誕生した! 人間に忘れられたものたちの、明るく元気な物語。

よみもの

『うさぎのモニカのケーキ屋さん 』
小手鞠 るい‖さく たかす かずみ‖え  講談社

森の中の「モニカのケーキ屋さん」。うさぎの姉弟がつくるケーキをめあてに、お店のテーブルはお客さまでいっぱい。と、そのとき、くまのおじいさんがお店へ入ってきて…。かわいいさし絵満載の、1年生がひとりで読める童話。

『夜叉神川 』
安東 みきえ‖著 田中 千智‖画  講談社

全ての人間の心の中にある恐ろしい夜叉と優しい神、その恐怖と祝福とを描く短編集。「川釣り」「青い金魚鉢」「鬼ケ守神社」「スノードロップ」「果ての浜」…。夜叉神川の上流から下流、そして海へと続く全5話を収録。